初めてのドイツ語 格の意味は?覚え方のコツは?

ドイツ語の変化表を見てみると、
1格とか、4格とかありますよね。

日本語の助詞に対応させて
「が・の・に・を」と覚えておくと便利です。

ほとんどの文章は、これで訳すことができます。

初めてのドイツ語 格って何? 

主語とか、目的語のことを
ドイツ語では「格」(カク)という表現をします。

1格から4格まであります。

1格は主語のことで、
日本語の助詞「~が、~は」にあたります。
Der Vater ist nett. そのお父さんはやさしい。

このDer Vater (そのお父さん)が1格です。

2格は所有格のことで、「~の」になります。
Die Krawatte des Vaters ist schön.  そのお父さんのネクタイはすてきです。

des Vaters (そのお父さんの)が2格で、
後ろから前のDie Krawatte (ネクタイ)にかかります。

3格は間接目的語で、「~に」にあたります。
Das Kind schenkt dem Vater eine Krawatte. 
その子供はお父さんにネクタイをプレゼントする。
dem Vater が「~に」にあたる3格で、間接目的語です。

スポンサードリンク

4格は直接目的語で、「~を」になります。
Das Kind liebt den Vater.  その子供はお父さんを愛しています。
den Vaterが「~を」にあたる4格で、直接目的語になります。

「が・の・に・を」に対応しないときは?

ほとんどの文章は、
この「が・の・に・を」で処理することができます。

もちろん例外もあります。

「そのお父さんは子供を助ける」をドイツ語にしてみましょう。

Der Vater hilft das Kind.
となっていませんか?

そのお父さん(der Vater)は男性名詞の1格で、主語です。
助ける(helfen*)は不規則変化なので、変化に注意が必要です。
子供(das Kind)をですから、中性名詞の4格ですよね。

helfen の後ろが3格になることがポイントです。
日本語では「~を助ける」ですから、helfenのうしろは4格だと
思ってしまいますよね。

ところが、helfenを辞書で引いてみると、
人3 とかjm、あるいはj3と書いてあります。

つまり、helfenの後ろは4格ではなく、
3格がくるということです。

正解は

Der Vater hilft dem Kind.
となります。

 まとめ

独検では「が・の・に・を」に当てはまらないものが
出題されますので、試験前にご確認ください。

セルフチェック名詞を辞書で引くときのコツは?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ウィーン観光 「有難う」をドイツ語で?「どういたしまして」は?
初めてのドイツ語   habenの使い方は?変化は?
初めてのドイツ語   名詞とは?辞書の引き方は?
初めてのドイツ語 独和辞典を選ぶコツは?おすすめの独和辞典は?
【ドイツ語の不定冠詞類】所有冠詞のmein・dein・sein・ihr・unser・euer・Ihr  の発音、格変化や複数形について
初めてのドイツ語 分離動詞ってなに?分離動詞の用法は?
初めてのドイツ語 現在完了形
ドイツ語会話 名前の言い方は?出身地は?
初めてのドイツ語   数字0から100までの読み方は?聞き取りのコツは?
初めてのドイツ語 規則動詞の過去形・過去分詞の作り方は?
【ドイツ語の手紙の書き方について】呼びかけは? 封筒の宛名や住所は?
初めてのドイツ語 不規則動詞の過去形・過去分詞の変化は?
初めてのドイツ語 seinは英語のbe動詞?変化は?
初めてのドイツ語 nichtの使い方は?keinの使い方は?
〔ドイツ語の名詞の特徴について〕性の区別や見分け方は?

Menu

HOME

TOP