初めてのドイツ語 定冠詞の使い方は?定冠詞の変化は?

ドイツ語にも
英語のthe にあたる定冠詞と
a にあたる不定冠詞があります。
 
ここではドイツ語の定冠詞の使い方と
変化をチェックしたいと思います。
 

 初めてのドイツ語 定冠詞の使い方は?

 
英語のtheにあたるのが、定冠詞derです。
 
使い方は英語と同じで、
「その~」という意味で、特定のものを指します。

例えば、
「その先生は若い」をドイツ語にすると
Der Lehrer ist jung.
デァ レーラー イスト ユング
となります。
 
名詞の性、格により冠詞が変化します。
この場合、Lehrer は男性名詞の1格(~は)で主語です。
 
男性名詞の場合は、
 
1格 der   ~は、~が(主語)
   デァ
2格 des   ~の(所有格)
   デス
3格 dem   ~に(間接目的語)
   デム
4格 den    ~を(直接目的語)
   デン

このように変化をします。

スポンサードリンク

初めてのドイツ語 定冠詞の変化は? 

 
ドイツ語の名詞は大文字で書き始めます。
また「性」というものがあり、
男性名詞・女性名詞・中性名詞の3種類があります。
 
それでは、男性名詞、女性名詞、中性名詞に
定冠詞をつけて変化させてみましょう。
 
男性名詞(お父さん)
1格 der Vater    デァ ファーター
2格 des Vaters   デス ファータース
3格 dem Vater    デム ファーター
4格 den Vater     デン ファーター
*2格のは「ス」です。
 
女性名詞 Mutter (お母さん)
1格 die Mutter    ディー ムター
2格 der Mutter  デァ ムター
3格  der Mutter  デァ ムター
4格  die Mutter   ディー ムター
 
中性名詞 Kind (子ども)
1格 das Kind       ダス キント
2格 des Kindes    デス キンデス
3格 dem Kind     デム キント
4格 das Kind       ダス キント
 
という変化になります。
 
さらに複数形があります。
 
複数形の定冠詞は1つのパターンしかありません。
つまり、単数のときの名詞の性に関わらず、
変化は1つしかありません。
 
複数形 Kinder(子供たち)
1格 die Kinder   ディー キンダー
2格 der Kinder  デァ キンダー
3格 den Kindern デン キンダーン
4格 die Kinder  ディー キンダー
*基本的に複数3格にはnがつきます。
 
 

 まとめ

名詞には不定冠詞か、定冠詞がつきますが、
例外として冠詞がつかない場合もあります。

参考記事 → 不定冠詞の変化・使い方は?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

【ドイツ語の手紙の書き方について】呼びかけは? 封筒の宛名や住所は?
初めてのドイツ語   名詞とは?辞書の引き方は?
初めてのドイツ語 分離動詞ってなに?分離動詞の用法は?
初めてのドイツ語   habenの使い方は?変化は?
【ドイツ語の人称代名詞】変化や読み方、語順について
【ドイツ語の前置詞] 格支配・使い分けのイメージ、 融合形・熟語などの例文について
【ドイツ語の疑問詞】werやwasの意味や変化、wie・wo・wohin・woher・warum・wannの例文について
【ドイツ語の不定冠詞類】所有冠詞のmein・dein・sein・ihr・unser・euer・Ihr  の発音、格変化や複数形について
初めてのドイツ語 規則動詞の過去形・過去分詞の作り方は?
初めてのドイツ語   アルファベットは?英語と違うの?
初めてのドイツ語 nichtの使い方は?keinの使い方は?
初めてのドイツ語   数字0から100までの読み方は?聞き取りのコツは?
初めてのドイツ語 不規則動詞の過去形・過去分詞の変化は?
ドイツ語会話「今、何時ですか?」・時間の言い方は?
初めてのドイツ語 動詞とは?辞書の引き方・変化は?

Menu

HOME

TOP