ウィーン観光 シューベルトの生家はどこ?最期の家は?

シューベルトの曲と言えば、切なさ、憂いでしょうか?
いったいどんな環境で曲が作られたのでしょう。

シューベルトの生家と最期の家をご覧になると、
彼の曲への想いに近づけるかもしれません。

ウィーン観光 シューベルトの生家はどこ? 

シューベルトはどんな家で
生まれたのでしょうか?

フランツ君の生家は、
フォルクスオーパーの裏手にあります。
オペラを見る前に、
立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

シューベルトの生家
Nußdorfer Str. 54
ウィーン大学の地下、路面電車乗場から38番に乗り、
Canisiusgasse下車。
あるいは地下鉄U6で、Nußdorfer Str. 下車。

1797年1月31日に第12子として、
フランツ・ペーター・シューベルトが誕生しました。

スポンサードリンク

ウィーン観光 シューベルト最期の家はどこ? 

シューベルト最期の家
Kettenbrückengasse 6
地下鉄U4で、Karlsplatzからシェーンブルン方向へ1つ目。
1828年11月19日、歌曲の王は街中の小ぢんまりとした部屋で
生涯を閉じました。

のみの市の帰りに、記念館となっているシューベルト晩年の家を
訪ねてみてはいかがでしょうか?

シッタカ豆知識
シューベルトはよく約束をほっぽらかすことがあったようです。
そんなときはホイリゲに彼を探しに行くと見つかったとか。

DNA 

若い男の子の顔をじーっと見てください。
若きシューベルトを彷彿とさせる顔立ちが
意外に多いことに気がつくと思います。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
札幌   春先の観光で気をつけたいことは?注意することは?
noimage
モノレールで羽田空港から新宿までの行き方は?
札幌 住むならどこ?家賃は?マンション選びのポイントは?
羽田空港 手荷物を預けるには?セルフ式カウンターは?
noimage
noimage
ウィーン観光 トイレのドアのHとDはなに?ドアのDとZは?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP