【ウィーンのエリザベート観光スポット]シシー博物館やお土産について

ウィーンのシシーこと、皇妃エリザベートに関連する
観光スポットをご紹介します。

エリザベートの生涯を辿ったあとは、その余韻を楽しめる
お土産をさがしてみては、いかがでしょうか?
 

アウグスティーナー教会 シシーの結婚式が行われた教会 

 
シシーの結婚式が行われた教会を覗いてみましょう。
この教会では、マリア・テレジアとロートリンゲン公をはじめ、
ハプスブルク家関係の挙式が多く執り行われています。
 
アウグスティーナー教会の場所は少しわかりづらいかもしれません。
王宮(ホーフブルク/Hof)を背に、
ミヒャエル広場を右手、車が一台通れる幅の道を進むと
右手にあります。
 
14世紀前半に、宮廷付属の教会として作られ、
地下にはハプスブルクに係わる人々の心臓が安置されています。


 

 シェーンブルン宮殿 シシーのフィットネス・ルーム

 
ウィーン観光で、シェーンブルン宮殿を見ないという人は
いないと思います。
シシーのファンでしたら、彼女のフィットネス・ルームを見落とさない
ようにしてください。
 
インペリアルツアーの8番目の部屋が彼女の化粧室を兼ねた、
今ふうに言うフィットネス・ルームとして使用されていました。
 
つり輪や梯子などもあり、美と健康的な体形を維持するために
日々アスリート並みの運動をこなしていたことが想像されます。
 
その他のシシー関係の部屋としては、
・10番目 エリザベート皇后のサロン
・12番目a エリザベート皇后の浴室
などがあります。
 
さらにナポレオンの部屋を見たいという方は、
グランドツアーで30番目の部屋になります。
 
□インペリアルツアー 9.50ユーロ 22屋見学
□グランドツアー 12.90 ユーロ 40室見学 
 
参考記事→シェーンブルン宮殿への行き方

カフェー・デーメル シシーの大好物は? 

 
ウィーン市内を散策して、休憩をしたくなったら、
デーメルでケーキタイムはいかがですか?
 
シュテファン寺院から
グラーベン通りをまっすぐ。
ペストの像を通り過ぎ、スーパーの
ユリウス・マインルを左に曲がると
コールマルク通りに出ます。
ブランド店が立ち並ぶ通りの右手に
デーメルがあります。
 
ショーウインドの飾りつけが派手なので、
すぐにわかると思います。
 
デーメルといえば、ザッハートルテですが、
シシーのお気に入りがスミレのソルベでした。
 
店内の厨房はガラス張りで、
ケーキ作りの様子を見ることができます。
 
2Fへは階段をご利用ください。
ウエイトレスに席を案内されてから、
1Fの入口にあるショーケースでケーキを選んでください。
 
ケーキの名前がわからなくても大丈夫です。
食べたいケーキを指さして、
ダス ビッテ!(これお願いします。/ Das,bitte ! )
と言ってください。
 
券を受け取って、席に戻ります。
ドリンクを注文するときに、ケーキの券を渡してください。
 
参考記事→チップのスマートな渡し方
 

スポンサードリンク

 シシー博物館 膨大な食器のコレクションに呆然

 
シシー博物館は、
デーメルのあるコールマルクト通りをミヒャエル広場へ。
スイス宮へ向かう細い通路に入ると右手に入口があります。
 
シシーの部屋と彼女の夫であるフランツ・ヨーゼフ1世の
部屋をみることができます。
 
皇后のドレスや銀食器の展示など、
その数に圧倒されます。
 
内部が意外に広いので、時間に余裕のあるときに
ゆっくりご覧いただくとよろしいかと思います。
 
料金は皇帝の部屋、シシー博物館、銀器コレクション
共通で9.90ユーロ。学生は8.90ユーロ。
 

シシー関連のおすすめのお土産は? 

 
買い物をするときに、
日本人の店員さんがいると安心ですよね。
 
WALTZ / ワルツ」は、
オペラ座を背にして、
シュテファン寺院とは反対方向、
ケルントナー通りを2ブロック先に行った
右手にあります。
 
ミネラル・ウォーターのサービスもありますので、
トイレタイムに店内を覗いてみてはいかがでしょうか?
 
お土産の一押しは、
シシーお気に入りの
「スミレの花の砂糖漬け」
レシピはシシーが味わった当時のままで
作られています。
目印は高貴な紫色の缶で、蓋にシシーの
顔が描かれています。
 
そのほか、お土産として喜ばれるのが、
シシートルテ
インペリアル・ブレンドコーヒー
*ヴィンターハルターの有名なシシーの
肖像画が目印です。
 

 シシーの生涯について

 
最後にまとめとして、
シシーの生涯を簡単に振り返ってみましょう。
 
ヴィンター・ハルターによって描かれた
シシーの肖像画が有名ですが、
彼女の身長は172㎝、体重50㎏、
ウエスト50㎝という体形といわれています。
 
1837年、シシーは南ドイツのバイエルン王国で誕生。
フランツ・ヨーゼフと姉ヘレーネの見合いの席に
シシーも同席していました。
 
ヨーゼフ1世はヘレーネではなく、シシーに一目ぼれ。
生まれて初めて母親の意向に反して、シシーを伴侶と
することになります。
ここから嫁と姑の好ましくない関係が始まったという説も。
 
1853年、温泉地として有名なバート・イシュルで婚約。
バート・イシュルはザルツブルクからバスで1時間半ほどの
行程になります。
 
1854年の4月24日、ウィーンのアウグスティーナ教会で
結婚式が行われ、皇后エリザベートが誕生することになります。
 
結婚後、宮廷での堅苦しい生活を嫌い、ウィーン以外で過ごす
ことが多くなります。
 
1898年、ジュネーブのレマン湖滞在中、
イタリアの無政府主義者により暗殺され、
61才で生涯を閉じることになります。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ウィーン  日本語のメニューは?グリーヒェンバイスルはどこ?
ウィーン大学を観光スポットとして楽しむためのコツは?
noimage
ウィーン観光   シューベルトゆかりのおすすめスポットは?
ウィーン観光 カフェーに入るには?注文の仕方は?
【ウィーンの建築】オスカー・ラスケによるエンゲル薬局について
[ウィーンの路面電車の乗り方について]お得なチケットや料金は?
ウィーン観光   一人で食事するには?おすすめのお店は?
ウィーン観光 絵ハガキを日本に出すには?手紙は
【ウィーンの建築】オットー・ワーグナーの郵便貯金局について
【ウィーンのベートーベンハウスについて】「遺書」や交響曲第3番・5番を書いた家はどこ?
ウィーン観光 カフェやレストランでのスマートな支払い方は?
ウィーン観光  チップは必要?いくら渡せばいいの?
ウィーン観光  ノミの市への行き方は?楽しむコツは?
ウィーン観光  ウィーン大学の学食で食事ができるの?場所はどこ?

Menu

HOME

TOP